行政書士開業時の失敗が危険? 実は他の資格と比べて有利! 

開業失敗の危険性を比較した結果

行政書士は少し前まで本当に地味な資格でした。しかし現在はネット全盛の時代であり、ネットを通して行政書士の長所がいつの間にか広く知られるようになっていますね。

もっとも肯定的な意味で情報が流されているとは決まっていません。中には否定的な情報が中心を占めることもあるようです。ある時期から増えているのが「行政書士の開業の失敗」に関するものですね。行政書士に受かって開業しても、うまくいかないと決めてかかる意見が書かれることが多くなっているとのこと。

しかしそれを言い出したらきりがないはずです。「士業」は独立して事務所を構えるのが当たり前の職業です。企業や組織に属するのではない以上、失敗のリスクがあるのは当然のことです。

それに行政書士以外の士業にしたって、失敗のリスクは少ないとは言えません。それでは他の士業と比べた場合はどうなるでしょうか? 

実は行政書士よりもステイタスが高いとされている資格は軒並み、今だったら開業の失敗率は高い模様です。弁護士・司法書士・公認会計士・不動産鑑定士は特に難易度が高い士業ですが、いずれも今だったら有資格者が増えすぎています。つまり受かっても仕事を得るのが難しいのです。

行政書士もそれは同じですが、行政書士の場合は専門性を見つけて働きやすいという大きな長所があります。試験の難易度と合わせて考えるなら、手ごろさは存分にあるといえるのです。
開業時や就職時の成功率や試験の難易度等のバランスを考えるときに、行政書士に匹敵する手ごろさを持っているのは、社会保険労務士・宅建・中小企業診断士・税理士くらいのものでしょう。

>>行政書士の実際の仕事内容って?