行政書士で成功する途中でかかる費用(試験合格まで)

必要な費用の推定額(合格まで)

行政書士で就職や開業をするとなったら、何はともあれちゃんとした計画を立てたいところです。
といってもひたすら厳正な計画は立てる必要ありませんが。それでも、いちおういつくらいまでに何を達成するのか、それくらいは決めておいたほうが目標にも励みにもなりますから、おすすめですね。

ところで、行政書士の就職ないし開業を志すなら、大きく分けてふたつの関門がありそうです。ひとつ目は、試験の合格ですね。ふたつ目は、就職の成功ないし開業の安定化だと思われます。


行政書士は誰でもわりと気楽に目指せる資格なのですが、それでも時間や費用がそれなりにかかります。さて試験の合格までにかかる費用はどれくらいが目安でしょうか? 

これは試験合格までにかかる費用によりますが、合格までの時間が長引くとその費用も高くなる傾向があります。言い換えますと、勉強法によって費用は変わるといえます。

※費用をかけたくないなら、独学を選ぶといいと思われやすいのですが……独学では失敗のリスクが強いですね。つまり長期的に見て時間も費用も損する恐れがあります。

結局通学や通信の講座で勉強するのが妥当なのですが、さていくらくらいで済ませるのが妥当でしょうか? 

まず1回の受験で受かることが、時間・費用を損しないためのコツです。そして特に安く済ませたいなら、優秀な通信講座を使うことです。通信の場合、優秀だからといって費用が比例するように高いとは限りません。いろいろなセットをつけても、10万円以内で収まるケースがあるからです。

※大手の講座につい目を奪われてしまう受験者が絶えませんが、その手の講座ですと通学・通信ともに15~25万円くらいが相場といわれています。しかしここまでかける必要は特にありません。

というわけでおすすめなのは、合格までの費用を数万円程度、増えても10万円以内に収めるようにすることですね。これがいちばんリーズナブルな行政書士の勉強法です。

次のページへ >>

>>行政書士の実際の仕事内容って?